「GALAXY SIII Progre SCL21」のソフトウェア更新を開始、日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまう不具合を改善(KDDI) | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

「GALAXY SIII Progre SCL21」のソフトウェア更新を開始、日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまう不具合を改善(KDDI)

 KDDIは22日、Androidスマートフォン「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン製)のソフトウェア更新を開始した。日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまうという不具合を改善する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 KDDIは22日、Androidスマートフォン「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン製)のソフトウェア更新を開始した。

 不具合は、日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまう場合があるというもの。今回のアップデートで不具合が改善されるほか、同機を快適に利用できる改善も含まれるという。

 自動更新には非対応で、本体による方法とPC経由で行う2通りが用意されている。本体で行う場合は「本体設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と選択し画面の案内にしたがって操作する。PC経由の場合は、専用ソフト「Samsung Kies」を利用する。アップデートにかかる時間は本体経由・Wi-Fi/LTE利用で3分、3G利用で5分、PC経由で15分。

 「GALAXY SIII Progre SCL21」は11月12日にAndroid 4.0からAndroid 4.1へのバージョンアップを行ったが、まだバージョンアップを行っていないユーザーは、4.1にしてからソフト更新を行うようKDDIでは呼びかけている。

KDDI、「GALAXY SIII Progre SCL21」で不具合改善のソフト更新

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×