「GALAXY SIII Progre SCL21」のソフトウェア更新を開始、日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまう不具合を改善(KDDI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

「GALAXY SIII Progre SCL21」のソフトウェア更新を開始、日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまう不具合を改善(KDDI)

 KDDIは22日、Androidスマートフォン「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン製)のソフトウェア更新を開始した。日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまうという不具合を改善する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 KDDIは22日、Androidスマートフォン「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン製)のソフトウェア更新を開始した。

 不具合は、日本国内利用にもかかわらず国際ローミングアイコンが表示されてしまう場合があるというもの。今回のアップデートで不具合が改善されるほか、同機を快適に利用できる改善も含まれるという。

 自動更新には非対応で、本体による方法とPC経由で行う2通りが用意されている。本体で行う場合は「本体設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と選択し画面の案内にしたがって操作する。PC経由の場合は、専用ソフト「Samsung Kies」を利用する。アップデートにかかる時間は本体経由・Wi-Fi/LTE利用で3分、3G利用で5分、PC経由で15分。

 「GALAXY SIII Progre SCL21」は11月12日にAndroid 4.0からAndroid 4.1へのバージョンアップを行ったが、まだバージョンアップを行っていないユーザーは、4.1にしてからソフト更新を行うようKDDIでは呼びかけている。

KDDI、「GALAXY SIII Progre SCL21」で不具合改善のソフト更新

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×