「Microsoft Windows Server 2012 R2」の販売開始、クラウドプラットフォームに一貫性を持たせることが可能に(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

「Microsoft Windows Server 2012 R2」の販売開始、クラウドプラットフォームに一貫性を持たせることが可能に(日本マイクロソフト)

 日本マイクロソフトは11月1日、サーバ オペレーティング システム「Microsoft Windows Server 2012 R2」、システム管理製品「Microsoft System Center 2012 R2」のボリュームライセンスの販売およびパッケージ製品の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本マイクロソフトは11月1日、サーバ オペレーティング システム「Microsoft Windows Server 2012 R2」、システム管理製品「Microsoft System Center 2012 R2」のボリュームライセンスの販売およびパッケージ製品の販売を開始した(Windows Server 2012 R2のみパッケージ版を販売)。

 Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2は、クラウドと連携した企業システム、サービスやアプリケーションの基盤を構築するための製品だ。Windows Server 2012 R2においては、Active Directoryによるクラウドとの統合ID管理、Hyper-Vによる大規模な仮想化に加え、高性能ストレージやSDN(Software Defined Networking)管理対応などの機能が強化された。これにより、クラウドプラットフォームにより一貫性を持たせることが可能となる見込みだ。

 あわせて、クラウドから各種デバイスの管理を行うWindows Intuneについて、Windows 8.1対応の新バージョンも、あわせて提供開始する。Windows 8.1、Windows RT 8.1、iOS、Androidなどのデバイスを管理できるとともに、System Center 2012 Configuration Managerとの組み合わせにより、社内のデバイス管理と連携した一元管理が可能となる。

 さらに、Windows Server 2012 R2においてマイクロソフトはRemote Desktopアプリケーションを提供開始。Windows、Windows RT、iOS、OS X、Androidなどの多様なデバイスから、Windows Server 2012 Remote desktop serviceなどの仮想デスクトップへの容易なアクセスが可能となっている。

日本マイクロソフト、Windows Server 2012 R2を提供開始……クラウドプラットフォームに一貫性

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×