「Windows XPを使い続ける企業」も視野に最新版を発表(インターコム) | ScanNetSecurity
2022.06.25(土)

「Windows XPを使い続ける企業」も視野に最新版を発表(インターコム)

インターコムは、企業の情報漏えい対策やIT資産管理を総合的に支援するクライアントPC運用管理ソフトの新バージョン「MaLion 4」を2014年2月から販売開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社インターコムは10月18日、企業の情報漏えい対策やIT資産管理を総合的に支援するWindowsおよびMacに対応したクライアントPC運用管理ソフトの新バージョン「MaLion 4」を2014年2月から販売開始すると発表した。「MaLion」は、WebアクセスやUSBメモリの接続など各種PC操作監視機能をすべて標準搭載したオールインワンの情報漏えい対策およびIT資産管理ツール。最新版では、Windows端末のセキュリティ管理、SAM支援機能の強化、Mac端末管理の強化の3点を主要テーマに、さまざまな機能強化を実施している。

具体的には、2014年4月以降もWindows XP端末を使い続ける企業に最適なセキュリティポリシー テンプレートを利用して、リスクの高いXP端末の操作を自動制御できるなど、Windows端末のセキュリティ管理に有効な機能を搭載した。また、ネットワークにつながっていないオフライン端末のハードウェア情報やソフトウェア情報をUSBメモリを接続して収集し、「MaLion」上で一元管理できるなどSAM支援機能をさらに強化した。さらに、リモートコントロールやSSLで暗号化されたWebアクセスの制御など、アドバンテージとなっているMac端末の管理機能をさらに強化している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×