[BlackHat2013] RFIDを3フィート離れた距離からハッキング | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

[BlackHat2013] RFIDを3フィート離れた距離からハッキング

国際 海外情報

2013年8月1日16時(現地時間) 米ラスベガスで開催された「BlackHat2013」で、Bishop Fox のセキュリティ研究者 Francis Brown 氏は RFID を3フィート(約90cm)離れた距離から読み取るデモを実演した。

Francis氏はブリーフケースかメッセンジャーバッグに入るサイズの装置で、3フィート離れた距離から135Hz帯を利用するRFIDのID情報を読み取ることに成功した。この読み取ったID情報を元に、書き込み装置を使ってクローンカードを作ることができる。
このタイプのRFIDは、施設の入退場管理システムやパスポート、車の盗難防止装置、家畜の管理などに使われており、通常の通信可能距離は数十センチ程度で、至近距離でないと読み取ることが難しいという。
Francis氏が作った装置は、Arduinoを初めとした手に入りやすいもので構成されており、さらに回路図やプログラムなども公開(https://www.blackhat.com/us-13/archives.html#Brown)している。

この攻撃から守るためには、利用者はRFIDカード自身を読まれにくくするシールドに包むなどの対策が必要だという。また、アクティブRFIDシステムは、暗号化や相互認証などを導入するか、PINコードなどを併用して二要素認証を行う必要があると述べた。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×