Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」に不具合、ソフトウェア更新サービスの提供を開始(NTTドコモ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」に不具合、ソフトウェア更新サービスの提供を開始(NTTドコモ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NTTドコモは22日、Androidスマートフォン「ARROWS X F-10D」(富士通製)に不具合が見つかったとしてソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

 不具合は、設定したスリープ時間よりも早く画面が消灯する場合があるというもの。アップデートは自動と手動が用意され、自動の場合はあらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2時~午前5時)に書換えを行う。手動の場合は待受中に「メニューボタン」→「本体設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作を行う。更新時間は約8分。

 「ARROWS X F-10D」は、2012年夏モデルとして発表された機種。背面に設置されたスイッチ付の指紋センサーが特長。

NTTドコモ「ARROWS X F-10D」に不具合……最新ソフト更新提供

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×