一連の通信障害について株主に向け謝罪「深く反省し、再発防止に取り組む」(KDDI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

一連の通信障害について株主に向け謝罪「深く反省し、再発防止に取り組む」(KDDI)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 KDDIは19日、東京都内で株主総会を開催。会議の冒頭、田中孝司社長が「4G LTE」エリアの誇大表示問題と、一連の通信障害について、株主に向け「深く反省し、再発防止に取り組む」と謝罪の言葉を述べた。

 株主総会は午前10時から開始され12時までの2時間で終了。事業目的に「発電事業及びその管理・運営並びに電気の供給、販売等に関する業務」を追加する定款の変更など、3つの議案が承認された。

 株主からは、iPhone 5における「4G LTE」エリアの誇大表示と、一連の通信障害について質問が出された。

 「4G LTE」エリアの誇大表示に関しては、カタログ等で「iPhone 5を除く」とすべきところを「iPhone 5を含む」と誤表示し、それを見過ごしたことが原因であったとし、誇大表示する意図はなかったと説明。2013年5月末現在、「4G LTE」の実人口カバー率に関しては、Android端末が使う800MHz帯のLTE(主に75Mbps)が97%、800MHz帯LTEには非対応の「iPhone 5」が使う2.1GHz帯のLTEは71%(主に35Mbps、内75Mbpsは20%)と公表した。

 2014年3月末の見通しとして、2.1GHz帯LTEの実人口カバー率は80%を目標とするが、通信速度75Mbpsに対応するエリアは「精査中」とした。現実的には、800MHz帯LTEに対応する新型「iPhone」が登場するのを待つ、といったところであろうか。

 一連の通信障害に対しては、改善策として、社長を本部長とする「LTE基盤強化対策本部」を設置、約300億円の改善投資を決定したことを説明。

 「通信障害の業績への影響や、株主責任があるのか?」と質問が出されると、田中社長は「今期の業績への大きな影響はない。全社員一丸となって、信頼回復に努める」と回答した。

KDDI株主総会、「4G LTE」エリア誤表示・通信障害を謝罪

《椿山和雄@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  7. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  8. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

  9. マネージドゲートウェイと併用できるエンドポイントセキュリティサービス(バリオセキュア)

  10. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×