サービスのセキュリティレベル、基盤設備の堅牢性等SAPが設定した品質基準をクリア(IIJ) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

サービスのセキュリティレベル、基盤設備の堅牢性等SAPが設定した品質基準をクリア(IIJ)

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8日、独SAP社より、ホスティングサービスとクラウドサービスの品質に関して認定を受け、「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」を取得したことを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8日、独SAP社より、ホスティングサービスとクラウドサービスの品質に関して認定を受け、「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」を取得したことを発表した。

 「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」は、サービスのセキュリティレベル、運用に関するマネージメントレベル、基盤設備の堅牢性、サポート体制など、SAPが設定した品質基準をクリアしたサービスを認定する制度。IIJは4月18日付で同認定を取得した。

 IIJでは、「IIJ GIO」を利用するユーザーに対し、クラウド上へのSAP BASIS導入と運用を支援するソリューションを7月より提供する予定。このソリューションは、現在同社が提供している「IIJ GIO統合運用管理サービスblank」をSAPソフトウェア向けに拡張したものとなる。監視機能を強化し、インフラ全般に加えてSAP BASIS固有の運用をサービスとして提供する。

IIJ、ホスティング/クラウドに関してSAPの認定を取得……運用支援ソリューションを提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×