SCADA ハニーポットが国際的なハッカーたちの群れを引き付ける~「産業制御システム」は米国、中国、そして……えぇと、ラオスからの攻撃に直面する(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

SCADA ハニーポットが国際的なハッカーたちの群れを引き付ける~「産業制御システム」は米国、中国、そして……えぇと、ラオスからの攻撃に直面する(その 1)(The Register)

「ハニーポットの一つに対する最初の攻撃の兆候が見られるまで、たったの 18 時間しかかからなかった。ハニーポットが攻撃の統計を集め続けている間、(すでに)この展開に関する調査が憂慮すべき結果になることは分かっていた。

国際 TheRegister
ハニーポットに基づいたトレンドマイクロの新しい研究によると、脆弱なインターネットに接続される、極めて重大な機器を制御している産業システム(発電所や空港、工場、その他の重要なシステムで使用されている)は、オンラインに接続してから数時間以内で、継続した攻撃に晒される。

Stuxnet、Duqu、その他の類似した顕著な攻撃のおかげで、過去 3 年ほどの間、産業制御システム SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)のセキュリティ上の弱点は情報セキュリティ界の関心の主要な焦点となってきた。

トレンドマイクロの脅威研究者であり、SCADA のセキュリティ専門家でもある Kyle Wilhoit は、インターネットに接続したハニーポットを準備することで、この現象をより深く調査し、攻撃の企てを記録することに着手した…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×