Google「我々はアカウントのハイジャックを 99.7 パーセント削減した」~ 120 のセキュリティチェック+ 2 要素認証=ウェブのウジ虫たちの死骸(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

Google「我々はアカウントのハイジャックを 99.7 パーセント削減した」~ 120 のセキュリティチェック+ 2 要素認証=ウェブのウジ虫たちの死骸(The Register)

Sony PlayStation Network、Gawker、LinkedIn、eHarmony、Last.fm、その他多数を悪いニュースに巻き込んだ、この 2、3年のパスワードとデータベースの侵害は、まさにそういうものだった。

国際 TheRegister
Google は、アカウントハイジャックとの戦いにおいて躍進しているようだ。その広告と検索とウェブメールの巨人は、より強固なセキュリティ手段によって 99.7 パーセントのハイジャックを減らしたと発表した。

スパムメールのフィルタリングの発展は、この 2、3 年ほどの間、スパム業者たちの戦術を、より積極的なものに切り替えてきた。つまり 419ers などが潜在的な標的(通常ならアカウントを乗っ取られた被害者の連絡先や友人)に詐欺的なメッセージを送信する前に、メールアカウントのハイジャックを試みるようになったことを示している。自動生成によって作られた新しいアカウントを利用してメッセージを送る手段は、それらのアカウントからのメッセージが(フィルタリングによって)ブロックされるため、もはや機能しない…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×