データ保護ソリューション最新版、性能の向上や対応クラウドサービス強化(CA Technologies) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

データ保護ソリューション最新版、性能の向上や対応クラウドサービス強化(CA Technologies)

CA Technologiesは、ハイブリッドなデータ保護ソリューションの最新版「CA ARCserve r16.5シリーズ」を発表した。3月14日より出荷を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CA Technologiesは2月26日、ハイブリッドなデータ保護ソリューションの最新版「CA ARCserve r16.5シリーズ」を発表した。3月14日より出荷を開始する。同シリーズでは、Windows Server 2012およびWindows 8の柔軟性、スケーラビリティの高い各種機能に対応したことで、ファイルベースのバックアップ性能が従来と比べて43%向上され(CA調査)、保護対象のシステム、アプリケーション、データの可用性の確保が容易になった。

また、国内の主要なクラウドサービスへの対応などにより、さらに多様化するバックアップニーズに応える製品となっている。同シリーズは、ファイルベースのバックアップ・ソリューション「CA ARCserve Backup r16.5」、レプリケーション・ソリューション「CA ARCserve Replication r16.5」/「CA ARCserve High Availability r16.5」、イメージベースのバックアップ・ソリューション「CA ARCserve D2D r16.5」の3ソリューションにより構成される。参考価格は、サーバベースのライセンスで「CA ARCserve Backup r16.5」が150,000円からなどとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×