Twitter のクライアントは、攻撃前のパスワードでサインインした状態をキープしている~OAuth、それはすでにリセットされたはずの危険なパスワードでのアクセスを可能にする(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

Twitter のクライアントは、攻撃前のパスワードでサインインした状態をキープしている~OAuth、それはすでにリセットされたはずの危険なパスワードでのアクセスを可能にする(The Register)

国際 TheRegister

Twitter は情報漏えいを検出したのち、250,000 人のユーザーに対してパスワードを変更するよう示唆してきた。しかし、その助言を心に留めているユーザーでも、Twitter API の使われたアプリケーション(公式のアプリを含む)が、いまだに新しいパスワードの入力をユーザに求めることなくアクセスさせていることに気づくだろう。

我々のオーストラリア拠点、Vulture South の The Register 読者たち(そして賢い悪ふざけを好む連中)は、彼らの利用している超簡易ブログサービス(Twitter)が攻撃されたことにより、彼らのアカウントが侵害されたという通知を受けた。Twitter は、攻撃を受けた事実を素早く公開し、さらにプライバシーが脅かされた対象となるユーザーの元へ、パスワードをリセットしなければならないことを知らせる通知を送ったのだった…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子)


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×