スマートデバイスを利用時の高度なセキュリティを実現、クラウドを活用した認証サービスを発表(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

スマートデバイスを利用時の高度なセキュリティを実現、クラウドを活用した認証サービスを発表(NEC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気(NEC)は23日、スマートフォンやタブレットPCなどのスマートデバイスを利用する際の高度なセキュリティを実現する、クラウドを活用した認証サービス「NEC Cloud Authentication」を発表した。同日から企業向けに販売を開始する。

 「NEC Cloud Authentication」は、NECのID活用基盤ソフトウェア「NC7000-3A」をベースとしており、スマートデバイスからIDパスワードを入力するだけで、許可されたデバイスとユーザを識別し、業務アプリケーションにアクセス可能とするサービスだ。「3Aセキュアトークン」をダウンロードすることにより、マルチデバイス認証も可能となっている。これにより、不正な未登録デバイスによるアクセスや、ID/パスワードの盗み見による“なりすまし”被害を防止する。

 SSL-VPNとの接続認証にも対応しており、マルチデバイス認証はVPN装置への接続認証にも活用できる。また社内業務アプリケーションを1つのID/パスワードのみでシングルサインオンすることが可能となっており、OpenID、SAMLといった標準プロトコル組み合わせて、社外の法人向けクラウドサービスであるSalesForce.comやGoogleAppsとの連携も可能となっている。今後はLDAP連携も提供される予定。価格は、1ユーザあたり月額150円(税抜)。

NEC、クラウドによる法人向けスマホ認証「NEC Cloud Authentication」発売

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×