サービスデスク管理ソリューションの最新版を発表、可用性を向上(CA Technologies) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

サービスデスク管理ソリューションの最新版を発表、可用性を向上(CA Technologies)

CA Technologiesは、サービスデスク管理ソリューションの最新版として「CA Service Desk Manager 12.7」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CA Technologiesは9月18日、サービスデスク管理ソリューションの最新版として「CA Service Desk Manager 12.7」を発表した。本ソリューションは、サービス・リクエスト、インシデント、問題、変更、構成、ナレッジ管理プロセスの自動化をサポートし、ITILベストプラクティスの計画、適用、導入を支援するエンタープライズ向けサービスデスク管理ソリューション。参考価格は14,000,000円(同時接続25ユーザの場合)。

最新版では、新たにユーザエクスペリエンスの向上とモビリティの強化が行われ、顧客のサービスマネジメントを柔軟に支援する。具体的には、Apple SafariやGoogle Chromeなど対応ブラウザを拡張、ユーザはタブレットやスマートフォンからもアクセスすることが可能となった。また、PDA機器からもサービスデスク・チケットが上げられるなど、PDAインタフェース対応も拡張された。このほか、サポート業務プロセスの効率化、RESTful Web サービス APIの提供、CMDBの強化などが行われた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×