オンラインストレージサービスの無料容量を最大50GBに増量、iPhone、iPad、Androidとも連携(キングソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

オンラインストレージサービスの無料容量を最大50GBに増量、iPhone、iPad、Androidとも連携(キングソフト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 キングソフトは22日、同社のオンラインストレージサービス「KDrive」(ケードライブ)の無料容量を登録時30GB、最大50GBに増量したほか、ラインナップにMac版アプリ「KDrive for Mac(β)」を新たに追加した。

 これまで、「KDrive」の無料容量は2GB(友だち招待で最大10GB)までとして提供していたが、サービス拡充にともない、無料で利用できる容量を最大で50GBに増量。新規登録時には30GBからスタートし、ログイン後、チェックインボタンのクリック、友だち招待のほか、「KINGSOFT Office」のシリアルナンバーを入力するなど無料容量を追加する各種サービスにより、最大で50GBに増量できる。有償の容量追加サービスには新たに月額版が用意され、30GBは月額500円、50GBは月額800円、100GBは月額1,500円で追加利用が可能となっている。

 また同社は、大容量保存、同期機能を搭載したオンラインストレージサービスとして、Mac版アプリ「KDrive for Mac(β)」の提供を「KDrive」公式サイトにおいて開始。Mac版「KDrive for Mac(β)」をインストールすると、コンピュータ内に同期フォルダが作成され、Mac上で作成した文書や写真をアップロードすれば、iPhone、iPad、Android向けの「KDrive」専用アプリから閲覧できるようになる。また、iPhoneアプリ「KDrive」と連携することで、iPhoneからアップロードした写真やメール添付ファイルをMac上で編集、閲覧することも可能。

 そのほか、iPhoneアプリ「KDrive」、「KDrive for Android」のほか、Windows向け「KDrive クライアントソフト」の新バージョンも発表された。

 iPhoneアプリ「KDrive」の新機能「クラウドカメラ」は、撮影した写真がローカルに残ることなく、オンラインストレージ上の「クラウドアルバム」に自動アップロードする機能で、iPhoneの容量を気にすることなく利用できる。iPhoneアプリ「KDrive」及び、「KDrive for Android」の「クラウドアルバム」は、オンラインストレージ上の写真をフォルダ毎にアルバム化、サムネイル表示で閲覧できるというもの。さらに、iPhoneアプリ「KDrive」、「KDrive for Android」でもPCと同機能である「共有」設定が行えるようになり、スマートフォン上で友人などと繋がる機能がより強化されている。

オンラインストレージ「KDrive」の無料容量が最大50GBに……Mac版アプリも提供開始

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×