レプリケーションソリューションの最新版、クラウド環境への対応を強化(CA Technologies) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

レプリケーションソリューションの最新版、クラウド環境への対応を強化(CA Technologies)

CA Technologiesは、レプリケーションソリューションの最新版「CA ARCserve Replication r16 SP2」および「CA ARCserve High Availability r16 SP2」を8月22日より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CA Technologiesは8月9日、レプリケーションソリューションの最新版「CA ARCserve Replication r16 SP2」および「CA ARCserve High Availability r16 SP2」を8月22日より提供開始すると発表した。これらの製品は、データやアプリケーションの「保護」「復旧」「可用性」を簡単かつ確実に実現できる、災害対策・業務継続ソリューション。提供価格は、CA ARCserve Replicationが98,000円から、CA ARCserve High Availabilityが228,000円から。

最新版では、柔軟性と使いやすさを向上する新機能を追加、クラウド環境での災害対策を容易に実現できるようにした。具体的には、NATに対応することでNAT環境下にあるサーバとインターネット上にあるサーバ間で相互にレプリケーション・リストアが可能になった。また、Active Directoryドメインに参加していないワークグループのサーバ間でもファイルやフォルダのNTFSアクセス権(ACL)を複製することができるようになった。このほか、帯域制御機能の曜日指定やブロックレベル同期のパフォーマンス改善なども行われている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×