グローバルコンシューマ事業を刷新、事業領域を拡大へ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

グローバルコンシューマ事業を刷新、事業領域を拡大へ(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は7月31日、グローバルコンシューマ事業を刷新すると発表した。これは、クラウドやモバイルの世界的な普及により、誰もが、いつでも、どこからでも必要な情報を利用できる環境下で、ユーザがより快適により安心してデジタルライフを楽しめる世界の実現に向けたもの。今後のコンシューマビジネスの事業領域として「デバイス」「データ」「プライバシー」「ファミリー」の4分野で展開し、ウイルス対策ソフトに限らずユーザの不便や不安を解消するため、ソフト・ハード・サービスを組み合わせたデジタルライフ支援サービスに事業を拡大する。これにより、新たなコンシューマビジネスにおいて全世界の総売上高を2011年の実績から2014年には25%増、2016年には45%増の成長を目指す。

地域別では、2011年実績で全世界の6割以上の売上を占める日本市場が、継続してPC向けセキュリティソフトのビジネスを維持しつつ、同社では新しい分野のビジネスの開拓を行い他地域を牽引する。米国・欧州の先進国市場では、量販店の既存チャネルだけでなく通信・サービス事業者との協業を広げることでサービス型のビジネスを進め、アジア太平洋・南米の新興国市場では、モバイル・ネットワーク利用の普及によるユーザ層の拡大に伴う売上成長を狙う。また、PC向けセキュリティソフトに集中してきたグローバルでの製品開発体制を「インターネットセキュリティ」「モバイル」「新規(ホーム&データマネジメント)」に分割、「新規」分野に約100名の開発人員を割り当てる。さらに、日本のコンシューママーケティング組織に、新しい分野の製品企画やパートナー協業を推進する専任のビジネスデベロップメントチームを新設し、日本市場のニーズに基づく製品・ビジネスを開発していく。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×