複数のゲートウェイを単一のアプライアンスやオープンサーバに統合(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

複数のゲートウェイを単一のアプライアンスやオープンサーバに統合(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、新たな仮想化製品「Check Point Virtual Systems」を発表した。本製品は、複数のセキュリティゲートウェイを単一のアプライアンスまたはオープンサーバに統合するもの。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は7月26日、新たな仮想化製品「Check Point Virtual Systems」を発表した。本製品は、複数のセキュリティゲートウェイを単一のアプライアンスまたはオープンサーバに統合し、プライベートクラウド環境におけるセキュリティの簡素化、コストの削減、パフォーマンスの向上を実現するもの。価格は435,000円から(バーチャルシステムが3台の場合)。

Check Point Virtual Systemsを使用すると、幅広いSoftware Blade(Firewall、VPN、Intrusion Prevention(IPS)、Application Control、URL Filtering、Anti-Bot、Antivirus、Identity Awarenessなど)を自由に組み合わせて包括的な仮想化セキュリティソリューションを構築し、複数のネットワークセグメントを保護できる。本製品は、チェック・ポイントのエンタープライズ向けおよびデータセンター向けのすべての新アプライアンスに導入することが可能。ビジネスの規模が大きくなればなるほど、コスト削減と運用効率向上に大きな効果を発揮するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×