650万件ものパスワードが漏洩、ユーザーはパスワードリセットを(米LinkedIn) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

650万件ものパスワードが漏洩、ユーザーはパスワードリセットを(米LinkedIn)

 ビジネスに特化したSNSサービスの米LinkedInは6日(現地時間)、同社のパスワードが漏洩したとされる報道を受けて、これが事実であることを発表した。漏洩したパスワードはすでに無効化する措置をとったという。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 ビジネスに特化したSNSサービスの米LinkedInは6日(現地時間)、同社のパスワードが漏洩したとされる報道を受けて、これが事実であることを発表した。漏洩したパスワードはすでに無効化する措置をとったという。

 LinkedInはビジネス用途に特化したSNSで、自分の履歴書を登録して仕事を探したり、商談をすることができる。ほかにないユニークなコンセプトが評価され、世界で1億人以上のユーザーが利用している。

 パスワードの漏洩については、ロシアのハッカーのフォーラムにLinkedInのパスワードが暗号化されたままの状態でアップロードされていると報道された。アップロードの理由は暗号化の解読の協力を得るため。

 報道を受けてLinkedInはブログを更新。報道が事実であることを確認し、該当するパスワードは即座に無効化したという。また、ユーザーに対してはパスワードリセットを促すメールを送付するとしている。

 漏洩したパスワードは650万件に上り、漏洩の経緯は全くわかっていない。LinkedInでは、iOS版のアプリがユーザー情報を無断でLinkedInのサーバーに送信していたことが発覚したばかり。

LinkedInのパスワード650万件が漏洩、ユーザーにパスワードリセットを呼びかけ

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×