650万件ものパスワードが漏洩、ユーザーはパスワードリセットを(米LinkedIn) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

650万件ものパスワードが漏洩、ユーザーはパスワードリセットを(米LinkedIn)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 ビジネスに特化したSNSサービスの米LinkedInは6日(現地時間)、同社のパスワードが漏洩したとされる報道を受けて、これが事実であることを発表した。漏洩したパスワードはすでに無効化する措置をとったという。

 LinkedInはビジネス用途に特化したSNSで、自分の履歴書を登録して仕事を探したり、商談をすることができる。ほかにないユニークなコンセプトが評価され、世界で1億人以上のユーザーが利用している。

 パスワードの漏洩については、ロシアのハッカーのフォーラムにLinkedInのパスワードが暗号化されたままの状態でアップロードされていると報道された。アップロードの理由は暗号化の解読の協力を得るため。

 報道を受けてLinkedInはブログを更新。報道が事実であることを確認し、該当するパスワードは即座に無効化したという。また、ユーザーに対してはパスワードリセットを促すメールを送付するとしている。

 漏洩したパスワードは650万件に上り、漏洩の経緯は全くわかっていない。LinkedInでは、iOS版のアプリがユーザー情報を無断でLinkedInのサーバーに送信していたことが発覚したばかり。

LinkedInのパスワード650万件が漏洩、ユーザーにパスワードリセットを呼びかけ

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×