セキュリティ上の懸念の指摘を受け「LAWSON Wi-Fi」のログイン方式を変更(ローソン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

セキュリティ上の懸念の指摘を受け「LAWSON Wi-Fi」のログイン方式を変更(ローソン)

 ローソンは1日、スマートフォン用無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」に関するスケジュールを発表した。同サービスについては、セキュリティ上の懸念の指摘を受けて、ログイン方式と規約の変更が発表されていた。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ローソンは1日、スマートフォン用無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」に関するスケジュールを発表した。同サービスについては、セキュリティ上の懸念の指摘を受けて、ログイン方式と規約の変更が発表されていた。

 「LAWSON Wi-Fi」は、ローソングループの店舗を活用したWi-Fiスポットとして4月6日にスタートしたが、ログインするために、電話番号や誕生日といった、ユーザー側が任意に変更できない情報を使用していることなど、問題点を指摘されていた。

 まず、他人にPonta会員IDを入手されることを防止するため、ローソン店舗での商品購入時に発行されるレシートに印字されているPonta会員IDの一部が、4月24日よりマスキング(非表示)された。また5月1日に、ローソンアプリの更新を実施し、通信で取得する情報を変更したという。

 今後は、6月中旬より、任意の番号を用いたパスワード機能が追加される予定。

ローソン、「LAWSON Wi-Fi」サービス内容を更新……取得情報の変更、Ponta会員IDの非表示など

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×