F1公式サイトがハッキング被害に、ハッカー集団「Anonymous」が犯行声明(Formula 1 World Championship) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

F1公式サイトがハッキング被害に、ハッカー集団「Anonymous」が犯行声明(Formula 1 World Championship)

2年ぶりに開催され22日、決勝レースを迎えるF1バーレーンGP。18日、開催反対派からフォースインディアのスタッフが火炎瓶を投げつけられるなど、緊迫した状況が続く中、今度はF1公式サイトがハッカー集団に一時的に乗っ取られていたことが判明した。

国際 海外情報
2年ぶりに開催され22日、決勝レースを迎えるF1バーレーンGP。18日、開催反対派からフォースインディアのスタッフが火炎瓶を投げつけられるなど、緊迫した状況が続く中、今度はF1公式サイトがハッカー集団に一時的に乗っ取られていたことが判明した。

これは、19日に発生したもの。F1の公式サイトが、一時的に閲覧できない状態になったのだ。その直後、ハッカー集団の「アノニマス」(Anonymous)が犯行声明を出している。

アノニマスは過去にバンク・オブ・アメリカ、VISAやMasterCard、イタリア政府などにサイバー攻撃を仕掛け、公式サイトをダウンさせた。アラブ革命を支援するアノニマスにとって、王族が開催に大きく関与しているF1バーレーンGPは、妨害に値するという主張だ。

現在、F1公式サイトは正常状態に復帰している。

公式サイト、ハッキングの被害に…F1バーレーンGP

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×