セキュリティアワード、今年のテーマは「社会をちょっとよくするアプリ」(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

セキュリティアワード、今年のテーマは「社会をちょっとよくするアプリ」(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「トレンドマイクロ セキュリティアワード2012」の募集を開始した。「社会をちょっとよくするアプリケーションをつくりませんか」をテーマにアイデアを募集する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は3月29日、「トレンドマイクロ セキュリティアワード2012」の募集を同日より開始したと発表した。本アワードは、同社の社会活動の一環として2010年にICT(Information and Communication Technology)の次世代を担う人材の育成を目的として創設したもの。3回目となる本年は、「社会をちょっとよくするアプリケーションをつくりませんか」をテーマに、個人・チーム問わず社会の安全に役立つアプリケーションのアイディアを募集する。募集受付は6月13日まで。

応募資格は大学院・大学・短期大学・専修学校(専門課程)・高等専門学校に在学する学生・生徒によるグループ(最大4名)もしくは個人となっており、アワードの二次選考会および最終選考会に参加可能であること。応募者の国籍は問わない。また、同様のプログラムを中国および台湾でも実施し、各国内での選考後、アジア地域の最終選考により1組に最優秀賞、1組に優秀賞を授与し、各受賞チームに賞金と旅行を贈呈する。なお、2011年のアワードでは「携帯ゲーム機のすれちがい通信を用いたsemi分散型アクティベーションの提案」、2010年は「DNSとWebブラウザを協調させたWebアクセス制御方法 Request Policy Frameworkの提案」が最優秀賞を受賞している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×