Webサイトのトラフィックの31%は悪意のあるアクセス(米Incapsula) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

Webサイトのトラフィックの31%は悪意のあるアクセス(米Incapsula)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 セキュリティ企業の米Incapsulaは14日(現地時間)、Webサイトに対するトラフィックについての調査結果を発表した。トラフィックの51%は人間以外によるもので、31%は悪意のあるアクセスだという。

 調査結果によるとWebサイトのトラフィックのうち人間の操作によるものは49%に過ぎず、残りの51%はソフトウエアなどが自動的に行なっているもの。そのうち20%についてはサーチエンジンのBotによるもので悪意に基づいたものではない。

 残りの31%はハッキングツールによるアクセスが5%あるのを筆頭に、スクレーパーが5%、コメントスパマーが2%、何らかのスパイ活動が19%など、いずれも悪意のあるアクセスだとしている。

Webのトラフィックの半分は人間ではない!……Incapsulaの調査結果で判明

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×