Webサイトのトラフィックの31%は悪意のあるアクセス(米Incapsula) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

Webサイトのトラフィックの31%は悪意のあるアクセス(米Incapsula)

 セキュリティ企業の米Incapsulaは14日(現地時間)、Webサイトに対するトラフィックについての調査結果を発表した。トラフィックの51%は人間以外によるもので、31%は悪意のあるアクセスだという。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 セキュリティ企業の米Incapsulaは14日(現地時間)、Webサイトに対するトラフィックについての調査結果を発表した。トラフィックの51%は人間以外によるもので、31%は悪意のあるアクセスだという。

 調査結果によるとWebサイトのトラフィックのうち人間の操作によるものは49%に過ぎず、残りの51%はソフトウエアなどが自動的に行なっているもの。そのうち20%についてはサーチエンジンのBotによるもので悪意に基づいたものではない。

 残りの31%はハッキングツールによるアクセスが5%あるのを筆頭に、スクレーパーが5%、コメントスパマーが2%、何らかのスパイ活動が19%など、いずれも悪意のあるアクセスだとしている。

Webのトラフィックの半分は人間ではない!……Incapsulaの調査結果で判明

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×