開発者が最も使用している言語、「C」と「Visual Basic」がツートップ……IDC調べ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.21(月)

開発者が最も使用している言語、「C」と「Visual Basic」がツートップ……IDC調べ

製品・サービス・業界動向 業界動向

 IDC Japanは6日、国内企業に対して2011年12月に実施した「国内ソフトウェア開発者の実態調査」に関する調査結果を発表した。ソフトウェア開発者1595名から回答が寄せられた。

 まず「ソフトウェア開発者がスキルを有する言語」と、そのなかで「もっとも使用している言語」を尋ねたところ、もっとも多くの回答を集めた言語はC言語となり、それに近い数値でVisual Basicが票を集めた。3位以下はやや数値が下がりJava、C++、COBOLが続いた。

 ここまでは「スキルを有する言語」と「もっとも使用している言語」の順位は一致していたが、「スキルを有する言語」6位のJavaScriptは、「もっとも使用している言語」では8位となった。

 なおスクリプト言語であるPerl、PHP、Python、Rubyの結果を見ると、PerlのほうがPHPと比べてスキルを有する開発者が多いものの、もっとも使用している言語のなかではPHPがPerlを上回った。

 そのほか調査では、国内市場において、ソフトウェア開発者全体のうち、42.6%ともっとも大きな構成比を占めるのは、受託ソフトウェア開発者だが、組込みソフトウェア開発者も15.5%と比較的大きな数値となった。この2つの分野は、プロジェクト総予算1億円以上の大型開発案件の占める割合が比較的多いことも共通している。なお、今後需要が高まることが予想されるモバイルソフトウェアの開発者はまだ1割にも満たなかった。

 プロジェクトで利用している開発手法では、ウォーターフォール開発が51.2%と過半数をわずかに超え、反復型開発が29.7%、アジャイル開発が19.1%という構成になった。

 この調査ではIDCは「ソフトウェア開発者が参画しているプロジェクトではスケジュールと予算の制約が厳しく、高度なマネージメント能力が求められるプロジェクトが多く、ツールへの投資意欲が高まることがあきらかになった」と分析している。
《冨岡晶@RBB TODAY》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

    3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  4. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  5. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  6. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  7. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  8. IoT機器向けのセキュリティソリューションで協力(ST)

  9. サイバー攻撃対策要員養成アカデミーに産業制御系システム対応コースを新設(DNP)

  10. 家庭や学校、企業で利用可能な初心者向け学習資料をシリーズで無償提供(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×