東証の売買システム「アローヘッド」障害で一部銘柄を取引停止 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

東証の売買システム「アローヘッド」障害で一部銘柄を取引停止

 東京証券取引所(東証)は2日朝、「相場情報の配信に障害が発生した」として、9時からの一部銘柄の売買を停止した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 東京証券取引所(東証)は2日朝、「相場情報の配信に障害が発生した」として、9時からの一部銘柄の売買を停止した。

 取引開始前に売買・配信システム「アローヘッド」のサーバーに不具合が生じたとみられている。取引停止となったのは241銘柄。江崎グリコ、クラレ、イオンなどのほか、IT系銘柄では、Jストリーム、サイバーエージェント、ナナオ、ソニーなどが含まれていた。その後東証では、障害から復旧したとし、12時30分より売買を再開した。

 「アローヘッド」は、注文応答時間や情報配信スピードの高速化を実現した株売買システム。売買・市場情報の両面でミリ秒レベルのスピードを実現したのが特徴。2010年1月4日より、旧来のシステムに代わり稼働している。

東証、売買システム「アローヘッド」障害で一部銘柄を取引停止……現在は復旧

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×