3年半ぶり「うるう秒」を挿入、7月1日は1秒長い(総務省) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

3年半ぶり「うるう秒」を挿入、7月1日は1秒長い(総務省)

総務省は31日、日本の標準時の維持・通報を実施している独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が、7月1日に日本標準時に「うるう秒」の挿入を実施すると発表した。うるう秒の調整は3年半ぶり、これにより今年の7月1日は1秒長い一日となる。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
総務省は31日、日本の標準時の維持・通報を実施している独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が、7月1日に日本標準時に「うるう秒」の挿入を実施すると発表した。うるう秒の調整は3年半ぶり、これにより今年の7月1日は1秒長い一日となる。

今回のうるう秒の調整では、2012年7月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入する予定。

「うるう秒」の調整は、地球の回転の観測を行う国際機関である「国際地球回転・基準系事業」(IERS:International Earth Rotation and Reference Systems Service、所在地:パリ)が決定しており、これを受けて世界で一斉にうるう秒の調整が行われている。

日本では、総務省とNICTが標準時の通報に係る事務を行っており、IERSの決定に基づきNICTにおいて日本標準時にうるう秒の挿入を実施している。

今回、1月5日にIERSのうるう秒挿入の決定を受け、NICTでは7月1日に日本標準時に「うるう秒」の挿入を実施する。なお、最近では3年半前となる2009年1月1日にうるう秒の調整が行なわれている。

3年半ぶり“うるう秒”を挿入…7月1日は1秒長い

《椿山和雄@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×