アマゾンが企業向けのデータバックアップサービスをスタート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

アマゾンが企業向けのデータバックアップサービスをスタート

 米アマゾンは25日(現地時間)、企業向けのデータバックアップサービス「AWS Storage Gateway」を発表した。既存のアプリケーションをそのままに効率的なバックアップを実現する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米アマゾンは25日(現地時間)、企業向けのデータバックアップサービス「AWS Storage Gateway」を発表した。既存のアプリケーションをそのままに効率的なバックアップを実現する。

 AWS Storage Gatewayは企業のローカルにあるIT環境とアマゾンのクラウド・コンピュータ環境をシームレスに接続する。そのため、ユーザーは既存の環境やアプリケーションはそのままに、安全で経済的なバックアップが可能となる。ユーザー側からアップロードされるデータは暗号化して保存されるため、セキュリティも高い。

 導入や管理も簡単で、基本的には社内のサーバーにAWS Storage Gatewayのアプリケーションをインストールすれば、あとは特に操作や定期的なメンテナンスなどは必要ない。

 アマゾンは数日前に分散データベースシステムのDynamoDBを発表したばかり。企業ユーザー向けサービスが一気に充実した。

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×