ヤフーが第4四半期の決算発表、広告不振で売上、純利益とも減少 | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

ヤフーが第4四半期の決算発表、広告不振で売上、純利益とも減少

 米ヤフーは24日(現地時間)、第4四半期(10〜12月)の決算を発表した。売上、純利益とも前年同期を割り込む厳しい結果となった。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米ヤフーは24日(現地時間)、第4四半期(10~12月)の決算を発表した。売上、純利益とも前年同期を割り込む厳しい結果となった。

 売上は13億2415万ドルで前年同期から13.2%の減少。ディスプレイ広告の不振がそのまま反映された。これで5四半期連続の2桁減となっており、売上低迷に歯止めがかからない状況だ。一方、純利益は2億9600万ドルで前年同期の3億1200万ドルからやはり減少したものの、微減にとどまった。

 ヤフーはFacebookなどのソーシャルネットワークに顧客を奪われ、閲覧時間が減少していることから広告販売が低迷している。また、この数ヶ月のあいだいにCEOの電撃的な解任や、共同創業者のジェリー・ヤン氏が取締役を辞任するなどの事態があり、注目を集めていた。

 新CEOのスコット・トンプソン氏は就任間もないため第4四半期の業績に責任はないものの、今後の売上回復に向けての厳しい状況が浮き彫りになった。ヤフーは2012年第1四半期の見通しも発表したが、10億2500万ドルと、市場の予測を下回るものとなった。
《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×