中学生の約7割が10年後の将来に不安(ソニー生命保険) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

中学生の約7割が10年後の将来に不安(ソニー生命保険)

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

 ソニー生命保険は1月6日、現役中学生男女300名を対象に行った「将来に関する意識調査」のアンケート結果について発表した。

 調査は、2011年12月19日〜20日に全国の中学生を対象にWebアンケートを実施。男女各150名、合計300名の回答を得た。

 「あなたは10年後の将来について不安に感じますか」という設問では、「とても不安に感じる」が16.7%、「不安に感じる」が52.7%となり、合わせて69.4%が不安だと回答した。

 不安に感じることとしては、「ちゃんと仕事があるかどうか」「生活できるのか不安」など、仕事と生活に関するものが多く見られたほか、「年金を含めた社会保障制度の崩壊」「原発問題が心配。日本に希望が持てない」といった意見も見られたという。

 「あなたは自分の10年後の将来を具体的に考えていますか」という設問では、「具体的ではないが、考えたことがある」という回答が70.3%と大多数を占めた。「具体的に考えている」と回答した7.3%と合わせ、約8割は将来を見据えている様子が伺える。

 また、今の大人に対するイメージについて、「大変そう/楽そう」「疲れている/元気」などの6つの項目について尋ねた結果では、「大変そう」(93%)、「疲れている」(85%)、「楽しくなさそう」(56%)、「厳しい」(79%)という意見が多数派となった。また「暗い/明るい」ではほぼ半数ずつに意見が別れ、「尊敬できない/尊敬できる」では、67.4%が「尊敬できる」と答えている。

 「あなたが大人になってやりたいこと」について複数回答で尋ねた設問では、「仕事をする」が79.3%とトップに。次いで、「貯金をする」(66.0%)、「結婚」(62.3%)、「車を買う」(60.3%)などが上位となっている。

 「大人になったら目指したい年収」について尋ねた設問では、「500万円以上600万円未満」という回答が20.7%ともっとも多い結果となった。次いで、「600万円以上700万円未満」と「1,000万円以上1,500万円未満」が13.3%と同率で並び、「2,000万円以上」という回答も11.3%あった。

 同社では、調査結果から「長引く不況の中、中学生が実によく大人や社会を観察し、将来に不安を持ちつつも、ビジョンを描き始めている」と分析し、現実をしっかり把握しながらも、中学生らしい将来への希望を持っている様子が伺えるとしている。

約7割が10年後の将来に不安…中学生の「将来に関する意識調査」

《田崎 恭子@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×