原発事故調査・検証委員会「中間報告」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

原発事故調査・検証委員会「中間報告」

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会は26日、中間報告を公開した。

 そこには様々な問題点が指摘されている。報告書は

・事故発生後の政府諸機関の対応の問題点
・福島第一原発における事故後の対応に関する問題点
・被害の拡大を防止する対策の問題点
・不適切であった事前の津波・シビアアクシデント対策
・なぜ津波・シビアアクシデント対策は十分なものではなかったのか
・原子力安全規制機関の在り方

 などから成っており、現地対策本部拠点施設や政府の対応の不手際を指摘している。政府諸機関の対応では、緊急時の意思決定が行われていたのは官邸5階で、官邸地下の緊急参集チームが状況を十分把握できなかった事実を取り上げ問題点のひとつとしている。ちなみに官邸5階には関係閣僚のほか、原子力安全委員会委員長等が参集し、東京電力幹部も呼び出され同席していた。

 また、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム「SPEEDI」活用上の問題点も指摘。放出源情報を基にした放射性物質の拡散予測はできなかったが、SPEEDIにより単位量放出を仮定した計算結果を得ることは可能だとして、仮に情報が提供されていれば、適切な避難経路や避難方向を選ぶことができたと思われるとしている。ところが、原災本部及び保安院は、SPEEDI情報を広報するという発想を有していなかった。

 さらに、国民がよく耳にする「直ちに人体に影響を及ぼすものではない。」という説明も分かりにくいとしている。情報の伝達や公表が遅れたり、プレス発表を控えたり、説明を曖昧にしたりする傾向が見られたことは、非常災害時のリスクコミュニケーションの在り方として決して適切であったとはいえない、と厳しく指摘。委員会は、この問題について更に調査・検証を続け、最終報告において必要な提言を行う予定だという。国外への情報提供に関しては、周辺諸国への事前説明をしないまま汚染水の海洋放出を決めて実施したことが、不信感を招いた側面があり、今後の重要な教訓とされるべきだなどとしている。

政府対応の問題点次々と……原発事故調査・検証委員会「中間報告」

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  6. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×