Kindle Fireアップデート、タッチレスポンス等の問題を修正(米Amazon) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Kindle Fireアップデート、タッチレスポンス等の問題を修正(米Amazon)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Amazonは同社のAndroidタブレット「Kindle Fire」のアップデートを開始した。最新バージョンは6.2.1となる。

 Kindle Fireは11月15日に発売されたアンドロイドタブレットで、アップルの「iPad 2」に対抗できる製品として注目を集めていた。十分な性能を持ちながら199ドルという低価格で好調なセールスを記録したが、発売直後からユーザーの苦情が続出していた。

 苦情の内容はタッチスクリーンの反応が鈍い、間違って電源ボタンを押してしまいやすい、ブラウザの読み込み速度が遅いなど。Amazonは問題を認めて早急な対応を約束。今回のアップデートがそれに当たる。

 バージョン6.2.1となる今回のアップデートによりタッチスクリーンのレスポンスアップ、全体的なパフォーマンスアップが図られ、Wi-Fi回線上でのパスワードロックなどの新機能も追加される。

Kindle Fireのアップデート開始、タッチレスポンスなど多くの問題を修正

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×