超解像技術による顔認証システムを広域映像監視に活用(NEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

超解像技術による顔認証システムを広域映像監視に活用(NEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NECは14日、研究開発の発表会を開き、研究開発戦略のプレゼンテーションと、開発テーマ事例の技術展示を行った。

 その中で、監視カメラなどの画像を鮮明に拡大し、広域映像監視を実現する「超解像技術」を発表、デモ展示を行った。従来の技術では、動画から得られた複数枚の画像を基に解像度を上げる方法がとられていたが、この方法では、2~3倍以上の拡大をすると画像が不鮮明になってしまっていた。

 新しい技術では、顔やナンバープレートなど、被写体の種別ごとに予め用意した辞書(画像データベース)を用いて、一枚の画像から超解像を行う。これにより、4倍以上の高倍率に拡大しても鮮明に再現可能となり、小さく映った多数の被写体や、遠方にある被写体の識別精度が向上したという。

【NECのR&D】超解像技術による顔認証システム……広域映像監視などに活用

《白石 雄太@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×