関東直撃の台風15号の保険金支払見込み額932億円…11月30日時点 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

関東直撃の台風15号の保険金支払見込み額932億円…11月30日時点

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース

今年9月に関東地方などを直撃した台風15号による保険金の支払見込み額が11月30日時点で932億円9900万円に達していることが日本損害保険協会の集計で明らかになった。風水害による保険金支払額では過去10番目の規模になる。

支払件数は14万8910件。前回見込み額を公表した10月31日時点と比べると、支払額は44億7200万円、支払件数は4.9%それぞれ増えた。11月30日時点の支払保険金見込み額を種目別にみると火災が799億3300万円、自動車99億2200万円、新種が34億4400万円。

また同じく9月に四国・中国地方を縦断した台風12号による保険金支払見込み額は362億1400万円(支払件数3万4483件)で、過去15番目の規模になるという。
《小松哲也@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×