「Salesforce」上でクラウドとオンプレミスの情報を仮想統合、可視化を実現(バリオセキュア、ウイングアーク) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

「Salesforce」上でクラウドとオンプレミスの情報を仮想統合、可視化を実現(バリオセキュア、ウイングアーク)

バリオセキュアとウイングアークは、「Salesforce」上で、ウイングアークの情報可視化のためのクラウドダッシュボードソリューション「MotionBoard for Salesforce」を展開する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
バリオセキュア・ネットワークス株式会社(バリオセキュア)とウイングアーク テクノロジーズ株式会社(ウイングアーク)は12月13日、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービス「Salesforce」上で、ウイングアークの情報可視化のためのクラウドダッシュボードソリューション「MotionBoard for Salesforce」を展開し、バリオセキュアがサービスを提供、1stホールディングスグループがパートナー企業を経由して来年春より販売開始すると発表した。

MotionBoard for Salesforceは、Salesforce CRMやForce.com上に展開されるさまざまなアプリケーションデータを簡単な操作で仮想統合し、Chatterと連携する高度なダッシュボードを構築することが可能。Salesforceプラットフォーム上でMotionBoardをクラウドサービスとして利用でき、ビジネスに必要な情報を表現豊かなグラフやチャートなどを用いて可視化できる。また、モバイルデバイスにも対応し、社内や外出先などあらゆるビジネスシーンに柔軟に活用できることが特徴。ソーシャルエンタープライズにおける情報の可視化を実現するソーシャルエンタープライズBIとして展開していくという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×