東電の契約を解除、NTTファシリティーズ他の合弁電力小売業者と契約(城南信用金庫) | ScanNetSecurity
2022.10.06(木)

東電の契約を解除、NTTファシリティーズ他の合弁電力小売業者と契約(城南信用金庫)

 城南信用金庫は、東京電力との契約を解除すると発表した。

製品・サービス・業界動向 ダイジェストニュース
 城南信用金庫は、東京電力との契約を解除すると発表した。

 城南信用金庫は、「原発に頼らない安心できる社会」の実現推進の一環として、本店および各営業店で使用している電力について、原子力発電を推進する東京電力との契約を解除し、自然エネルギーや民間の余剰電力を購入し販売している「エネット」との契約に切り替える。エネットは、NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスの3社合弁により設立された電力小売事業者。

城南信用金庫、東京電力との契約を解除

《編集部@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×