3つの企業向けセキュリティ対策製品の情報漏えい対策機能を強化(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

3つの企業向けセキュリティ対策製品の情報漏えい対策機能を強化(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、同社の企業向け製品の情報漏えい対策機能を強化した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は11月28日、同社の企業向け製品の情報漏えい対策機能を強化したと発表した。対象となる製品は、Microsoft Exchange Server向けの「InterScan for Microsoft Exchange(ISME)」、Microsoft SharePoint Server向けの「PortalProtect(PP)」、メールセキュリティの「InterScan Messaging Security Virtual Appliance(IMSVA)」の3製品。

ISMEとPPの新バージョンに追加された情報漏えい対策機能では、Microsoft Exchange ServerやMicrosoft SharePoint Serverのデータを検索し、システム管理者が任意で設定する条件に該当するファイルを特定することで、サーバ上の機密情報を洗い出すことができる。また、ISMEやIMSVAでは送受信されるメールを監視し、機密に該当するデータの流出を未然に防ぐことが可能となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×