振る舞い検知型DoS防御装置をソフトバンクテレコムが導入(マクニカネットワークス、日本ラドウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

振る舞い検知型DoS防御装置をソフトバンクテレコムが導入(マクニカネットワークス、日本ラドウェア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マクニカネットワークス株式会社と日本ラドウェア株式会社は9月21日、ソフトバンクテレコム株式会社に向けてRadware社製の振る舞い検知型DoS防御装置「Radware DefensePro」を提供したと発表した。ソフトバンクテレコムでは、同社のインターネット接続サービス向けにオプションメニューとして2009年から「DDoS検知・防御サービス」を提供しており、今回さらなる機能・性能の拡張を目指しDefenseProの導入を決定したという。

マクニカネットワークスでは、ソフトバンクテレコムがDefenseProの導入を決定したポイントとして、トラフィックの自動学習と複数の指標に基づく精度の高い振る舞い検知機能、大規模化するDDoS攻撃に耐え得る処理性能の高さ、利用者の増加に合わせてパフォーマンスを拡張できる「On Demand Switch」、今後普及が見込まれるIPv6への対応を挙げている。
(吉澤亨史)

http://www.macnica.net/pressrelease/radware_110921.html/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×