Androidマルウェアを複数確認、MSのdllファイル改変も--8月度レポート(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

Androidマルウェアを複数確認、MSのdllファイル改変も--8月度レポート(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は9月6日、2011年8月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。8月は、Android端末へ感染する不正プログラム「ANDROIDOS_LOTOOR」の検出を複数確認した。この不正プログラムはAndroid端末のルート権限を取得し、特定のWebサイト

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は9月6日、2011年8月度の「インターネット脅威マンスリーレポート」を発表した。8月は、Android端末へ感染する不正プログラム「ANDROIDOS_LOTOOR」の検出を複数確認した。この不正プログラムはAndroid端末のルート権限を取得し、特定のWebサイトへ端末の情報を送信する。また、同社日本国内のサポートセンターにおいて、他の不正プログラムを自動実行する巧妙な不正プログラム「PTCH_LOAD」が多数報告された。マイクロソフトの正規のdllファイル(imm32.dll)が不正に改変されたファイルを「PTCH_LOAD」として検出する。Windowsの起動中は本dllファイルを削除できないため、感染した場合にはWindowsの回復コンソールなどを用いて、システムを復旧する必要がある。

8月の不正プログラム感染被害の総報告数は780件で、7月の501件から増加した。日本では、ファイル共有ソフトのネットワークで流通する「WORM_ANTINNY」の亜種が先月に引き続き3種ランクインした。全世界のランキングでは、先月に引き続き「WORM_DOWNAD.AD」が1位にランクイン。「Mal_OtorunN」も引き続きランクインしており、世界的にもUSBメモリ経由で感染を広げる脅威が継続している。日本国内の問い合せ状況では、上記「PTCH_LOAD」の亜種が8月下旬から約10日間で52件の被害報告があった。自動実行される不正プログラムでは、「TSPY_ONLINEG」などオンラインゲームのIDやパスワードを盗む不正プログラムを確認している。
(吉澤亨史)

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20110905062621.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×