協業によりIT資産管理ツールが情報資産の識別・整理ソリューションと連携(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

協業によりIT資産管理ツールが情報資産の識別・整理ソリューションと連携(NRIセキュア)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月24日、エムオーテックス株式会社(MOTEX)と監査証跡ソリューションで協業すると発表した。本協業によりMOTEXは、NRIセキュアの情報資産を識別・整理するソリューション「SecureCube / Labeling」に連携したIT資産

製品・サービス・業界動向 業界動向
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月24日、エムオーテックス株式会社(MOTEX)と監査証跡ソリューションで協業すると発表した。本協業によりMOTEXは、NRIセキュアの情報資産を識別・整理するソリューション「SecureCube / Labeling」に連携したIT資産管理ツール「LanScope Cat6」を、10月3日に発売する。

両製品を導入することにより、電子ファイルを機密度別に把握し、操作履歴などを管理することができ、重要情報の漏えい防止の対策を強化できる。具体的には、NRIセキュアが提供するSecureCube / Labelingの機能で、「極秘」「社外秘」など情報の機密度を付与した電子ファイルをクライアントPCで操作した場合に、操作履歴をLanScope Cat6で監視、ログとして管理する。これにより、機密文書や重要な電子ファイルが正しく取り扱われているか記録を残すことが可能になる。万一、情報の持ち出しや紛失が発生した際には、LanScope Cat6のファイルトレース機能で、Webブラウザから3回のクリック操作で持ち出し経路を特定できる。
(吉澤亨史)

http://www.nri-secure.co.jp/news/2011/0824.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×