WAF製品向けのOSをバーションアップ、なりすまし攻撃対策などを実装(フォーティネット) | ScanNetSecurity
2020.05.28(木)

WAF製品向けのOSをバーションアップ、なりすまし攻撃対策などを実装(フォーティネット)

フォーティネットジャパン株式会社は8月5日、企業、アプリケーション サービス プロバイダ、SaaSプロバイダ、マネージド セキュリティ サービス プロバイダ(MSSP)向けのWAFファミリー「FortiWeb」のOSの最新版、v4.0 MR3を発表した。また同社は、「FortiWeb-3000CFsxア

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
フォーティネットジャパン株式会社は8月5日、企業、アプリケーション サービス プロバイダ、SaaSプロバイダ、マネージド セキュリティ サービス プロバイダ(MSSP)向けのWAFファミリー「FortiWeb」のOSの最新版、v4.0 MR3を発表した。また同社は、「FortiWeb-3000CFsxアプライアンス」を新たに市場へ投入する。

新バージョンでは、新しいDoSプロテクションスキームが組み込まれ、ネットワーク層およびアプリケーション層のDoSポリシーを提供する。これによりFortiWebアプライアンスは、個人ユーザから発信されたリクエストを分析し、真偽の判定を行い、自動化された「なりすまし攻撃」を防御することを可能にした。また、期間ブロッキング機能が新たに追加され、組織別のプロテクションが強化された。特定の接続ではなく時間軸で期間を限定してユーザをブロックすることを管理者レベルで可能にする。このほか、圧縮機能の追加やロードバランシング機能の強化などが行われている。
(吉澤亨史)

http://www.fortinet.co.jp/press_releases/110805.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×