韓国「SK Communications」の情報漏えいを受け、ログイン情報管理に注意(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

韓国「SK Communications」の情報漏えいを受け、ログイン情報管理に注意(トレンドマイクロ)

脆弱性と脅威 脅威動向

トレンドマイクロ株式会社は8月2日、韓国「SK Communications」のユーザ約,3500万人の個人情報が漏えいした事例について多数の報道がなされたことをブログで発表している。SK Communicationsは、SNSやモバイル通信サービス、インスタント・メッセージ・サービスなどを提供する韓国最大のオンライン・サービス・プロバイダ。今回の情報漏えいでは、同社が運営するポータルサイト「Nate」とSNS「CyWorld」のユーザが影響を受けているという。

流出した情報には、ユーザ名やメールアドレス、連絡先の番号、ユーザの血液型などの暗号化されたものなどが含まれていた。SK Communicationsは今回の情報漏えいを受け、NateおよびCyWorldのユーザに対し、電話による「ボイスフィッシング」やスパムメールへの対応方法を提示している。トレンドマイクロでは、漏えいしたログイン情報で他のサービスにログインされ被害が拡大することが多いため、ユーザが習慣付けるべきことのひとつとして、オンラインアカウントごとに異なるパスワードを作成することを挙げている。
(吉澤亨史)

http://blog.trendmicro.co.jp/archives/4426
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×