ISIDの「DMAP」にWAFサービス「Scutum」をOEM提供(SST) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

ISIDの「DMAP」にWAFサービス「Scutum」をOEM提供(SST)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は7月14日、株式会社電通国際情報サービス(ISID)が提供する「DMAP(Digital Marketing Platform)」に、SaaS型Webアプリケーションファイアーウォール(WAF)サービス「Scutum」のOEM提供を開始したと発表した。DMAPは、企業のWeb活用に求められる一連の機能を短納期・低価格で提供するとともに、個人情報取り扱いや金融サービスなどに求められる高度なセキュリティ要求も満たすASPサービス。

WAFサービス「Scutum」は、ISIDが提供するDMAPに機能として組み込まれ、DMAPが従来から備えるインフラおよび運用管理におけるセキュリティ対策に加え、「Scutum」によりWebアプリケーションのセキュリティも強化される。SSTはISIDを通じ、個人情報取り扱いや金融サービスなどの攻撃リスクが高いWebサイトを運用する企業へSaaS型WAFサービス「Scutum」の機能を提供することで、Webサイトの安全性向上に寄与するとしている。
(吉澤亨史)

http://www.securesky-tech.com/topics/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×