NRIセキュアと京セラミタ、紙媒体による情報漏えい防止で製品連携(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

NRIセキュアと京セラミタ、紙媒体による情報漏えい防止で製品連携(NRIセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は5月18日、情報資産の識別・整理ソリューション「SecureCube / Labeling」と、京セラミタジャパン株式会社の印刷制御システム「TASKGUARD ID Printing」との連携を同日から開始したと発表した。両製品が連携することで、電子ファイルの機密度に応じて印刷を制御することが可能になる。

具体的には、「SecureCube / Labeling」を利用して付与された個別電子ファイルの機密度や属性情報を、「TASKGUARD」に新たに追加された印刷制限機能を用いて読み取る。印刷制限機能に、機密度別の印刷可否の対応を設定しておくことで、「極秘」「印刷不可」などの特定のキーワードによってファイルの機密度を判断し、印刷を自動で停止する。管理者は利用者に負荷をかけずに、機密情報が紙媒体を通じて漏えいすることを防ぐことができる。
(吉澤亨史)

http://www.nri-secure.co.jp/news/2011/0518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×