スマートフォン決済の安全基準に関する考え方、JCCAが取りまとめ(JCCA) | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

スマートフォン決済の安全基準に関する考え方、JCCAが取りまとめ(JCCA)

日本クレジットカード協会(JCCA)は4月13日、「スマートフォン決済の安全基準等に関する基本的な考え方」を公表した。これは、日本国内の一部でも商用化が始まっているスマートフォンなどを活用したクレジットカード決済について、クレジットカード番号をはじめとした各

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本クレジットカード協会(JCCA)は4月13日、「スマートフォン決済の安全基準等に関する基本的な考え方」を公表した。これは、日本国内の一部でも商用化が始まっているスマートフォンなどを活用したクレジットカード決済について、クレジットカード番号をはじめとした各種情報が、安全かつ適切に取り扱われることを目的にJCCAがまとめたもの。

今回取りまとめた内容では、カード会員にとって、安心・安全な取引を実現するためのスマートフォン等によるクレジットカード決済端末の必要最低限の安全基準を定義すること、「アプリケーション」や「周辺機器」など、スマートフォンを決済端末として利用する際に必要となる仕組みごとにあるべき安全基準を整理することなどを挙げている。今後は、クレジットカードの業界団体である社団法人日本クレジット協会に対し、JCCA以外のクレジットカード会社、クレジットカードインフラの関係者、専門家など、幅広い意見を踏まえた「業界統一のガイドライン」の早期策定に向けた働きかけを行っていくとしている。
(吉澤亨史)

http://www.jcca-office.gr.jp/topics/topics_26.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×