「3D Security」を具現化するネットワークセキュリティスイート製品(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

「3D Security」を具現化するネットワークセキュリティスイート製品(チェック・ポイント)

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント)は2月22日、「Software Bladeアーキテクチャ」をベースとしたネットワークセキュリティスイート製品の最新版「Check Point R75」を発表、同日より提供を開始した。従来バージョンのユーザは無償

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント)は2月22日、「Software Bladeアーキテクチャ」をベースとしたネットワークセキュリティスイート製品の最新版「Check Point R75」を発表、同日より提供を開始した。従来バージョンのユーザは無償でアップデートできる。新バージョンは、同社が同日発表した新ビジョン「3D Security」を具現化した最初の製品となる。

3D Securityは、セキュリティをビジネスプロセスの一環として再定義し、ポリシー、ユーザ、セキュリティ実施を結び付け、あらゆるセキュリティレイヤの保護性能を強化するするというもの。Check Point R75では、Application Control、Identity Awareness、DLP(データ損失防止)、Mobile Accessという4つのSoftware Bladeが導入されている。これにより単一の統合ソリューションで多角的なアプローチによるセキュリティを実現し、企業環境におけるデータ、Web 2.0アプリケーション、モバイルアクセスの可視性と制御能力を向上したという。
(吉澤亨史)

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2011/20110222CheckPoint-R75.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×