組み込みセキュリティでデバイスメーカーとOEMパートナー戦略(マカフィー) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

組み込みセキュリティでデバイスメーカーとOEMパートナー戦略(マカフィー)

マカフィー株式会社は2月22日、組み込みセキュリティにおけるOEMパートナー戦略について発表した。同社は、NCR(ATM)、NECインフロンティア(POS)、シャープ(多機能プリンター、POS)、Schweitzer Engineering Laboratories(変電所サーバー)、Meridian(キオスク)

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は2月22日、組み込みセキュリティにおけるOEMパートナー戦略について発表した。同社は、NCR(ATM)、NECインフロンティア(POS)、シャープ(多機能プリンター、POS)、Schweitzer Engineering Laboratories(変電所サーバー)、Meridian(キオスク)、Clearwave(医療キオスク)、PFU(グラフィック発注端末)、シスメックス(医療機器)などがOEMパートナーとなり、これらデバイスメーカーとその顧客に、セキュリティソリューションを提供する。

今回のOEM戦略は、増加するサイバー脅威から世界トップクラスメーカーの組み込みデバイスを守ることを目的としたもの。現在、IPに接続しているデバイスはATM、キオスク、POS、医療検査機器、医療キオスク、携帯電話、多機能プリンター(MFP)、スマートグリッドシステム、シンクライアントコンピューターなど約10億台あるが、2020年には500億台に増加すると予想されている。普及が進むにつれ、デバイス自体の価値の保護、窃盗およびデータ損失の防止、機器の所有者や規制機関が定めているコンプライアンス要件の達成といった、機器の保護や管理に対するニーズが発生しているという。
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/02/22-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×