レンタルサーバのWeb改ざん対策に「gredセキュリティサービス」を採用(セキュアブレイン、ライド) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

レンタルサーバのWeb改ざん対策に「gredセキュリティサービス」を採用(セキュアブレイン、ライド)

株式会社セキュアブレインは2月23日、ライド株式会社(ライド)と販売代理店契約を結び、ライドが同日よりセキュアブレインの企業向けSaaS型セキュリティソリューション「gredセキュリティサービス」を採用、法人向けレンタルサーバ「Speever」利用者のWeb改ざん検知サー

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社セキュアブレインは2月23日、ライド株式会社(ライド)と販売代理店契約を結び、ライドが同日よりセキュアブレインの企業向けSaaS型セキュリティソリューション「gredセキュリティサービス」を採用、法人向けレンタルサーバ「Speever」利用者のWeb改ざん検知サービスとして販売を開始したと発表した。なお、ライドでは、gredセキュリティサービス「ウェブ解析機能」を「Web改ざんチェックサービス」という名称でSpeeverの有料オプションとして販売する。

Speever「Web改ざんチェックサービス」は、URLを登録するだけでWebサイトの改ざんの有無を定期的に確認するもの。不正な改ざんを検知すると、管理者にアラートメールの配信と詳細レポートの提供を行う。また、万一改ざんされた場合でも検知時に自動で安全なページに切り替わる機能も有している。本サービスはWebサイトのコンテンツやリンク先等複数の要素を解析するため、「ガンブラー」のように従来の対策では検知が難しい攻撃によるWebサイトの改ざんも検知が可能。
(吉澤亨史)

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2011/02/ride-gred.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×