業務アプリケーション製品のアップグレード支援を強化、今後も拡大予定(日本オラクル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

業務アプリケーション製品のアップグレード支援を強化、今後も拡大予定(日本オラクル)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

日本オラクル株式会社は1月31日、同社の業務アプリケーション製品群「Oracle Applications」による既存システムのアップグレードを支援する取り組みを強化すると発表した。具体的には、オラクルのミドルウェア製品を活用したアップグレード支援プログラムの提供開始やパートナーによるアップグレード支援サービスを拡充する。

今回の取り組みは、「Oracle E-Business Suite R12.1」「JD Edwards EnterpriseOne 9.0」「PeopleSoft Enterprise 9.1」「Siebel CRM 8.2」へのアップグレードを検討しているユーザを対象にするもの。希望ユーザには、現行システムの環境、利用、運用状況や今後の要求事項などの情報を収集し、「Oracle Fusion Middleware」を活用してアップグレードした場合の最適な導入方法、導入期間やコストを提示する。
(吉澤亨史)

http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=995&NewsAreaId=2
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×