ボット機能を持つ初のAndroidマルウェアを確認、端末の乗っ取りも(ISC) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

ボット機能を持つ初のAndroidマルウェアを確認、端末の乗っ取りも(ISC)

Internet Storm Center(ISC)は12月31日、「Android」を標的とするマルウェアが確認されたとブログで発表した。このマルウェアは非公式のアプリサイトなどで配布されるゲームアプリを介してAndroidに感染する。ゲームでは、アプリがSMSメッセージ送信機能などにアクセス

脆弱性と脅威 脅威動向
Internet Storm Center(ISC)は12月31日、「Android」を標的とするマルウェアが確認されたとブログで発表した。このマルウェアは非公式のアプリサイトなどで配布されるゲームアプリを介してAndroidに感染する。ゲームでは、アプリがSMSメッセージ送信機能などにアクセスできるようユーザに確認を求めるが、これに同意することでマルウェアはさまざまな機能を利用できるようになる。

特徴的なのはトロイの木馬として機能し、ボット機能も搭載している点。これにより攻撃者は、Android端末の位置情報などをはじめとするユーザ情報を入手できるほか、さまざまなコマンドをAndroid端末に送って実行させるなど、Android端末を事実上乗っ取ることが可能となる。同ブログでは、ボットがアクセスするC&Cサーバのリストも掲載している。

http://isc.sans.edu/diary.html?storyid=10186
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×