コンプライアンス対応の適切な実施を提言--米セキュリティ協議会レポート(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

コンプライアンス対応の適切な実施を提言--米セキュリティ協議会レポート(RSAセキュリティ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

RSAセキュリティ株式会社は12月22日、米RSAが支援する「セキュリティ協議会(SBIC:Security for Business Innovation Council)」がまとめたレポート「コンプライアンスの新時代 A New Era of Compliance:GLOBAL 1000企業のエグゼクティブからの提言」を公開した。本レポートは、コンプライアンス遵守が始まって10年経過した現在、情報保護に関する取り締まりが強化され、責任も大きくなった新たな時代を迎えたとしている。

コンプライアンス環境は大きく変わり、規範となる規制増加や、取り締まり強化他の、4つの新たな傾向がこの新時代の到来を告げているが、コンプライアンス対応を適切に実施すればリソースの重荷になることはなく、リスク管理の強化につながるとしている。その鍵となるのが「リスクベース型のコンプライアンス・プログラム」であり、これにより非生産的なコンプライアンス活動に投入するリソースを削減し、より多くのリソースをビジネス・イノベーションの実現に充てることが可能になるとしている。

http://japan.rsa.com/node.aspx?id=3727
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×